老化を早める紫外線


適度な量の太陽光線は、皮膚のビタミンD合成に役立ちます。
そういった意味から、以前は赤ちゃんの日光浴を推奨していました。

でも、多くの皮膚専門医は、
しわ・小じわ、たるみ・肌荒れの約80パーセントは
過剰な紫外線が原因であるとしています。

のみならず、また紫外線は皮膚を老化させ、がんの危険性を
促進するともされているのです。


では、皮膚が紫外線にさらされると体内では
どういう変化が起こるのでしょうか?


シワがつくられる

メラニン色素や血液の赤い色素(ヘモグロビン)に吸収される。
     ↓
そこで熱が発生し、色素周囲の細胞がやけどした状態になります。
     ↓
ヘモグロビンが発熱すると、皮膚の表面に酸素や栄養を
供給している毛細血管もやけどした状態になります。(日焼け)
     ↓
活性酵素の中でも最も有害とされるヒドロキシラジカルが大量発生
     ↓
細胞自体が変化する。







しみがつくられる

紫外線がメラニンをつくり出す遺伝子に傷をつけるのが原因です。


免疫力が低下する

ウイルスに感染しやすくなったり、「脂漏性角化症(老人性挽贅)」と
いった良性腫瘍から「日光角化症≒基底細胞がん≒有練細胞がん」などの
悪性腫瘍が出来やすくなります。


わずか3分間太陽光を浴びるだけで、
コラーゲンやエラスチンなど真皮の組織成分が変性してしまうのです。
ゆがんでしまった皮膚の細胞構造は、ダメージがじわじわと蓄積し
元に戻すことは不可能です。


対策

一日の中で紫外線のピークは、午前10時から午後2時。
この時間帯の外出はできるだけ控えるようにします。

外出時には、帽子や日傘・手袋・サングラスを利用したり、
日陰を歩く、日焼け止めクリームを塗るなどの紫外線対策を
とりましょう。


ドクターズキャリアコンペ 医師転職