コラーゲンのはたらき


コラーゲンは身体の中含まれていますが、
皮膚の中にコラーゲンはより多く含まれています。

その量は、日中の紫外線や環境によって変化します。
また年齢を重ねていくとコラーゲン自体の生成が衰えてきます。
なので、コラーゲンの生成よりコラーゲンを分解していく量の方が
多くなってきてしまうのです。

と言うことは、コラーゲン自体が足りなくなり
肌の老化現象が引き起こされてくるのです。

つまり、シミ、シワ、弛み等々多くの女性達を悩ませている現象です。

コラーゲンが身体の中に充分あると、血液や皮膚、骨、内臓等の機能が
活性化します。

コラーゲン自体が低下は20代半ばを過ぎると現れるので、
若さを保つ為には
毎日コラーゲンを摂取し続ける事が大切になってくるのです。


日本医科大 PET検査でがんを早期発見しよう
スポーツを楽しむ マナーをまもる