加齢とコラーゲン

加齢によって老化が始まってくると新陳代謝が悪くなります。

そうなるとコラーゲンの生成力も悪くなってきます。
コラーゲンが無くなってくると
水分保持も出来なくなるのです。

その結果、張りもなくなるのでカサついたり、
弛んできたりしてしまうのです。

それが老けて見られる様になる理由なのです。

ですから、老化防止の為にもコラーゲンを摂取は欠かせません。
だから「アンチエイジング=コラーゲン」と言う図式が成り立つのです。


有機ゲルマニウムボールで健康増進
金運アップの方法大研究
婚活生活